NEW 新着情報です!!美味しい玄米やお米情報!!蔵直地酒や焼酎・ギフト・お中元・お歳暮!!お買得ワイン 頒布会等!!贈って喜ばれるギフト・かわりだね!各種頒布会・美味しい物!体にいいもの!ことぶき屋あれこれ!!四街道の方覗いて!!ことぶき屋TOP


ふっくら、おいしい ご飯の炊き方

研ぐ。

お米を研ぐのは、お米のまわりについたヌカやヨゴレを取るため。
一番大切なことは、すすぎを素早くすることです。
ゆっくりしていると、水に溶けたヌカがお米についてヌカ臭いご飯になります。
初めはきれいな水で2〜3回手早くかきまわしてすぐ水を捨てます。
2回目からはお米を手のひらのつけ根で押すようにして、水が澄むまで研いで下さい。
あくまで素早くがおいしく炊き上げるコツなのです。


浸す。

研ぎ終わったらお米を水に浸します。
おいしいご飯を炊くには、お米の芯までたっぷりと水を浸透させてから火にかけることです。
研いですぐに火にかけると、ふっくらせず少しかために炊き上がります。
でも浸す時間があまり長いと、お米が水分を吸い過ぎてベトついてしまいます。
お米に十分水を吸わすには、冬場なら最低1時間・夏場でも30分以上は浸して下さい。
時間がないときは、ぬるま湯に最低10分、浸して下さい。


蒸らす。

 炊飯器のスイッチが切れたときは、まだご飯の芯まで煮えていません。
二度炊きで保温できる炊飯器なら、自動的に蒸らしてくれますが、一度炊きならすぐに蓋を取らずに蒸らすことが必要です。
時間は10分〜15分程度。蒸らしすぎてもご飯がベトつきますので注意してください。
蒸らし終わったら、しゃもじを内釜の周辺に沿うように入れ、返すように素早く混ぜます。
あまり力を入れすぎないように。
これは余分な水分を飛ばして「お米を立たせる」ためと「味を均一化」するためです。
炊きあがったご飯は、場所によっておいしさにムラがあるからです。


ホームページへ戻る